• このエントリーをはてなブックマークに追加

「あがり症対策教室」を利用する価値はあるのか?

「あがり症」に悩んでいる人は多く、必ずしも病的なほど症状が出るわけではない人も含めて考えると、非常に大きな割合が対象になります。「人前で何かをする」という状況で極度に緊張してしまうことが問題になるのですが、それぞれが自分に合った対処方法を実践しながら社会生活を営んでいます。
ただ、それでもなお日常生活(仕事上)に支障が出るほど極端な症状の人もいて、そういった人は非常に大きなストレスを感じていることが多いです。中には、それが原因で昇進できずにいるような人もいるため、「効果的な改善方法」があれば積極的に実践することも検討しておくと良いでしょう。
いわゆる「改善教室」、自己啓発系のセミナーなどを利用する価値と他の対応策の違いを理解し、自身に合った方法が何かを適切に判断できるようにすることが大切です。

「客観的な解決策」があると安心できる

あがり症対策において大切なことは、「客観的な安心感を得られる」ということです。例えば、迷信と言っても良いですが「手のひらに『人』という字を書いてのみ込む」という方法は、緊張を解消するために効果的だと言われています。しかし、極端な症状の人にとってはこの程度のおまじないは意味をなさないことも多く、より効果的な方法を求めて状態が悪化してしまうこともあり得ます。
改善を目指してサポートをしてくれる教室などでも同様の対策が推奨されることもありますが、大切なことは「みんなに良い結果が出ている」という事実です。迷信が多くの人に効果を発揮しているかどうかを含め、「実際に良い結果が出ている」という事実を把握できていると、自身がその方法を実践するときの印象がまったく変わってきます。

「確実な方法はない」と理解することが重要

「おまじない」もそうですが、結局のところ「あがり症対策に確実な方法はない」というのが実情です。もちろん、精神安定剤の類を服用して強制的に緊張を緩和するような方法を使えば確実性は増します。しかし、それでは他の部分に支障が出てしまう可能性もあるため、「ノーリスクかつ確実な方法はない」という認識を持っておくことが大切です。
改善策を指導する教室などでも、「プラシーボ効果」に近い方法を推奨することがあります。「マーフィーの法則」では、良くないことが起こると思い込むことによってその結果が起きてしまうという法則を提示していますが、逆にいえば「良いことが起こる」と思い込むことができれば不安を感じなくなる可能性が高いということです。
確実ではないにしても、「これで大丈夫」と思い込むことができる方法を一つ用意しておくと、明らかに違った結果が得られるようになります。

東京話し方教室は、2003年創業の東京でも随一の受講者数を集めた人気教室です。新しい自分と出会えます。あがり対策トレーニング講座は1回ごとに支払い、あがり対策の実践的トレーニングクラスがあります。 社会人や時間のない人も通いやすい短期コースも用意しており、効果も実感できる教室です。 人前のコミュニケーション・スピーチ・プレゼンテーションであがってしまう方のために改善できる話し方教室です あがり症の方への対策方法